遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう

相続人が2人以上いる場合、相続人の受ける相続財産の割合を相続分といいます。相続分については遺言で定めれている場合もありますし、 遺言がなければ法律で定められた割合の規定に従います。被相続人は遺言で法定相続分を変えることができます。

指定相続分とは、被相続人が、相続人ごとに相続分を自由に決めて、遺言書で指定した相続の割合のことです。
具合的な割合を示さずに、特定の人を指名して、その人に相続分の決定を一任することもできます。
“遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう”の詳細は »

秘密証書遺言という遺言方式をご存じですか

遺言の全文を自書する必要はなく、署名捺印以外はワープロやパソコンで記してもよく、また、代書によって作成してもよいこととされています

秘密証書遺言は、遺言の内容は他人に知られたくないが、遺言の存在は明確にしておきたい場合に利用される方式です。
秘密証書遺言の作成手順は、まず、遺言者が自分で遺言書を作成し署名捺印の上、遺言書を封筒に入れて遺言書に捺印した印
“秘密証書遺言という遺言方式をご存じですか”の詳細は »

全血兄弟と半血兄弟

両親が二人とも共通な兄弟を法律上全血兄弟といいます。これに対して、両親の一方が共通の兄弟を半血兄弟といいます。

先妻の子と後妻の子という兄弟姉妹相続の場合、相続によりもらえる割合(法定相続分)が異なります。
子供、両親がいない場合には、兄弟姉妹に相続権があります。両親が二人とも共通な兄弟を法律上全血兄弟といいます。これ
“全血兄弟と半血兄弟”の詳細は »

相続税の他に支払う金があるのだ

相続のときには固定資産税や登録免許税等が発生する。誰がどこから払うのかも話し合っていきましょう

相続税には、資産(財産)になりますので、所得税は発生しません。
相続税の他に、固定資産税・登録免許税(名義変更)等が発生します。

法定相続人の人数や遺産総額がどれくらいあるかによって、
相続税を納める義務があるかどうかが決まります。
場合によっては相続税が課税されないこともあります。
“相続税の他に支払う金があるのだ”の詳細は »

相続の贈与税の計算をしていくのだ

相続の贈与税の計算例 (課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

贈与税の計算例
(課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

長年連れ添った夫婦間で、一定の条件を満たした場合に、贈与税の配偶者特別控除が受けられます。
“相続の贈与税の計算をしていくのだ”の詳細は »

数あるのが相続の遺言の種類だ

相続の正証書遺言以外の封印してある遺言書は、家庭裁判所で開封しなければいけません。

遺言には、三種類があります。
●自筆証書遺言
●公正証書遺言
●秘密証書遺言です。
自筆証書遺言とは 全文を自筆します。パソコンはダメです。日付、遺言者の住所、氏名、押印

が必要です。
“数あるのが相続の遺言の種類だ”の詳細は »

離婚後の相続とその他の控除の種類

離婚前において父親が亡くなると、法定相続分である2分の1の財産を子供は相続できます。母親が亡くなると、法定相続分である2分の1の財産を子供は相続できます。

配偶者が居る場合は配偶者控除が適用されますが、
離婚した場合、配偶者が居ないので妻は遺産を引き継ぐことができません。
しかし子供はどうでしょうか?

通常、相続人が配偶者と子の場合、全ての遺産を配偶者が相続することにして、
全体の相続税をゼロにすることもおこなわれています。
配偶者控除の適用を受けるためには、税務署に申告しなければなりません。
申告期限は、相続税の申告・納付期限と同じく、相続開始から10ヶ月以内です。
“離婚後の相続とその他の控除の種類”の詳細は »

相続の減殺請求の期限などの決まり

相続の遺留分減殺請求は遺言で遺贈された人もしくは生前贈与をもらった人に対して意思表示をしなくてはなりませんよ。

遺留分減殺請求は遺言で遺贈された人もしくは生前贈与をもらった人に対して意思表示をしなくてはなりません。
“相続の減殺請求の期限などの決まり”の詳細は »

相続の遺留分についての色々な条文

法定相続人には法律上最低限相続できる割合が定められています。

法定相続人には法律上最低限相続できる割合という
ものが定められています。

これは遺言者の遺産を他人に、勝手に譲渡され
遺族の権利を奪われないためのものです。
被相続人の生前贈与は自由ですが、相続開始時点から
法的制限を受けることができます。
“相続の遺留分についての色々な条文”の詳細は »

口頭による遺言をしても相続で役に立たんのが原則だ

相続の遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成することが大前提!

遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成
することが大前提です。

口頭で述べた遺言は無効ですが口頭で述べて成立する
場合の遺言も存在しています。

次のような場合です。
“口頭による遺言をしても相続で役に立たんのが原則だ”の詳細は »

« 過去の記事