相続の贈与税の計算をしていくのだ

贈与税の計算例
(課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

長年連れ添った夫婦間で、一定の条件を満たした場合に、贈与税の配偶者特別控除が受けられます。
この控除を受けるための条件は
①夫婦の婚姻期間が贈与の時点で20年以上経っていること
②贈与された財産が、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭であること
③贈与を受けた年の翌年の3月15日までに居住し、以後も引き続き居住する見込みであること

が存在しています。

★相続時精算課税制度

65歳以上の親から、20歳以上の子である推定相続人において適用することができる制度です。

概略は相続のときには、贈与された財産と、相続または遺贈された財産を足した額に相続税がかかりますが、支払った贈与税は、相続のときの相続税から控除されるというものです。

特別控除額(非課税枠) 2,500万円

贈与税ではなく相続時精算課税を選択しようとする受贈者は、その選択をしようとする贈与を受けた年の翌年2月1日から3月1日までの間に、相続時精算課税制度を選択する旨の「届出書」を「贈与税の申告書」とともに提出する必要があります。

★遺言の執行

・・・・・遺言書の検認・開封
遺言の保管者や発見者は相続開始を知った後、遅滞なく
家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない
(民法1004条1項)。

検認とは・・・・
遺言書の存在を確定し現状を保護するために行われます。ただし遺言書の有効・無効という実体上の効果はありません。
公正証書遺言については検認を要しません(民法1004条2項)。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む