カテゴリー: あいまいな知識が相続を危うくする

全血兄弟と半血兄弟

両親が二人とも共通な兄弟を法律上全血兄弟といいます。これに対して、両親の一方が共通の兄弟を半血兄弟といいます。

先妻の子と後妻の子という兄弟姉妹相続の場合、相続によりもらえる割合(法定相続分)が異なります。
子供、両親がいない場合には、兄弟姉妹に相続権があります。両親が二人とも共通な兄弟を法律上全血兄弟といいます。これ
“全血兄弟と半血兄弟”の詳細は »

離婚後の相続とその他の控除の種類

離婚前において父親が亡くなると、法定相続分である2分の1の財産を子供は相続できます。母親が亡くなると、法定相続分である2分の1の財産を子供は相続できます。

配偶者が居る場合は配偶者控除が適用されますが、
離婚した場合、配偶者が居ないので妻は遺産を引き継ぐことができません。
しかし子供はどうでしょうか?

通常、相続人が配偶者と子の場合、全ての遺産を配偶者が相続することにして、
全体の相続税をゼロにすることもおこなわれています。
配偶者控除の適用を受けるためには、税務署に申告しなければなりません。
申告期限は、相続税の申告・納付期限と同じく、相続開始から10ヶ月以内です。
“離婚後の相続とその他の控除の種類”の詳細は »

相続の減殺請求の期限などの決まり

相続の遺留分減殺請求は遺言で遺贈された人もしくは生前贈与をもらった人に対して意思表示をしなくてはなりませんよ。

遺留分減殺請求は遺言で遺贈された人もしくは生前贈与をもらった人に対して意思表示をしなくてはなりません。
“相続の減殺請求の期限などの決まり”の詳細は »

相続の遺留分についての色々な条文

法定相続人には法律上最低限相続できる割合が定められています。

法定相続人には法律上最低限相続できる割合という
ものが定められています。

これは遺言者の遺産を他人に、勝手に譲渡され
遺族の権利を奪われないためのものです。
被相続人の生前贈与は自由ですが、相続開始時点から
法的制限を受けることができます。
“相続の遺留分についての色々な条文”の詳細は »