相続の遺留分についての色々な条文

法定相続人には法律上最低限相続できる割合という
ものが定められています。

これは遺言者の遺産を他人に、勝手に譲渡され
遺族の権利を奪われないためのものです。
被相続人の生前贈与は自由ですが、相続開始時点から
法的制限を受けることができます。

遺留分は配偶者か子どもであれば遺産の半分を
受けることができますが兄弟姉妹については
遺留分は存在しません。相続人が兄弟しかいない場合は
全部の財産を第三者に遺贈することも可能です。

遺留分については、侵害されてそれに見合う財産も
残っていなかったという場合、遺贈や贈与を
受けた相手に財産の取り戻しを請求することが
可能となっています。

この法定相続人が侵害された遺留分を請求することを
遺留分減殺請求と呼びます。

(遺贈又は贈与の減殺請求)第1031条 遺留分権利者及びその承継人は、
遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び前条に
規定する贈与の減殺を請求することができる。

(条件付権利等の贈与又は遺贈の一部の減殺)第1032条
条件付きの権利又は存続期間の不確定な権利を贈与又は
遺贈の目的とした場合において、その贈与又は遺贈の
一部を減殺すべきときは、遺留分権利者は、
第1029条第2項の規定によって定めた価格に従い、
直ちにその残部の価額を受贈者又は受遺者に
給付しなければならない。

贈与と遺贈の減殺の順序の)第1033条 贈与は、
遺贈を減殺した後でなければ、減殺することができない。

相続手続支援センターの依頼者の本音です
家族の内情を相続では考慮して手続きを進めていく必要がありますよ。
www.souzoku-shien.net/voice/customers/011.html

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む