全血兄弟と半血兄弟

先妻の子と後妻の子という兄弟姉妹相続の場合、相続によりもらえる割合(法定相続分)が異なります。
子供、両親がいない場合には、兄弟姉妹に相続権があります。両親が二人とも共通な兄弟を法律上全血兄弟といいます。これ

に対して、両親の一方が共通の兄弟を半血兄弟といいます。

全血兄弟も半血兄弟も兄弟に変わりはありませんから、子供や両親がいない場合には相続権があるのは同じです。ただし、相続分の割合が異なります。半血兄弟は全血兄弟の2分の1となります。

兄弟として仲良く暮らしていても、法律上はこのようなしくみになっているのです。
知っているようで以外と知らない落し穴かもしれません。

相続が発生した時いちばん最初にすることは、誰が相続人になるのか法律と戸籍を確認することが大切です。
法定相続人を無視した遺産分割などはやり直しになり、時間も労力もお金もかかりますから、しっかりと調べて相続人の確定をしましょう。

簡単ではないと思ったら、専門家へ相談することをおすすめします。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む