口頭による遺言をしても相続で役に立たんのが原則だ

相続の遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成することが大前提!

遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成
することが大前提です。

口頭で述べた遺言は無効ですが口頭で述べて成立する
場合の遺言も存在しています。

次のような場合です。
“口頭による遺言をしても相続で役に立たんのが原則だ”の詳細は »

この様式では被相続人の意思が実現されない遺言もある

相続の民法975条では2名以上で作成する共同遺言を禁止していますよ。

民法975条では2名以上で作成する共同遺言を禁止しています。
たとえば夫婦が二人で一つの遺言を作成することはできません。

財産のことについて夫婦で話し合うのは可能ですが
遺言は別々に行う必要があります。

(共同遺言の禁止)第975条 遺言は、2人以上の者が
同一の証書ですることができない。
“この様式では被相続人の意思が実現されない遺言もある”の詳細は »

相続の認められない遺言の形式がある

相続で使える遺言の作成の要件はなんだろうと調べると、いろんな事実を知ることができた。

遺言作成の要件の一つには

■本人の署名押印
“相続の認められない遺言の形式がある”の詳細は »

最新の記事 »