タグ: 前妻

離婚後の相続とその他の控除の種類

離婚前において父親が亡くなると、法定相続分である2分の1の財産を子供は相続できます。母親が亡くなると、法定相続分である2分の1の財産を子供は相続できます。

配偶者が居る場合は配偶者控除が適用されますが、
離婚した場合、配偶者が居ないので妻は遺産を引き継ぐことができません。
しかし子供はどうでしょうか?

通常、相続人が配偶者と子の場合、全ての遺産を配偶者が相続することにして、
全体の相続税をゼロにすることもおこなわれています。
配偶者控除の適用を受けるためには、税務署に申告しなければなりません。
申告期限は、相続税の申告・納付期限と同じく、相続開始から10ヶ月以内です。
“離婚後の相続とその他の控除の種類”の詳細は »