タグ: 配偶者

遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう

相続人が2人以上いる場合、相続人の受ける相続財産の割合を相続分といいます。相続分については遺言で定めれている場合もありますし、 遺言がなければ法律で定められた割合の規定に従います。被相続人は遺言で法定相続分を変えることができます。

指定相続分とは、被相続人が、相続人ごとに相続分を自由に決めて、遺言書で指定した相続の割合のことです。
具合的な割合を示さずに、特定の人を指名して、その人に相続分の決定を一任することもできます。
“遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう”の詳細は »