カテゴリー: この遺言ではトラブルが起きる

遺言書には3種類あります。

公証人とは、裁判官、検察官、弁護士等の法律実務を長年経験した者の中から、 法務大臣が任命する公務員です。

遺言をのこすには、民法に定められた方式にしたがい、原則として「遺言書」という
書面を作成しなければなりません。
“遺言書には3種類あります。”の詳細は »

遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう

相続人が2人以上いる場合、相続人の受ける相続財産の割合を相続分といいます。相続分については遺言で定めれている場合もありますし、 遺言がなければ法律で定められた割合の規定に従います。被相続人は遺言で法定相続分を変えることができます。

指定相続分とは、被相続人が、相続人ごとに相続分を自由に決めて、遺言書で指定した相続の割合のことです。
具合的な割合を示さずに、特定の人を指名して、その人に相続分の決定を一任することもできます。
“遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう”の詳細は »

秘密証書遺言という遺言方式をご存じですか

遺言の全文を自書する必要はなく、署名捺印以外はワープロやパソコンで記してもよく、また、代書によって作成してもよいこととされています

秘密証書遺言は、遺言の内容は他人に知られたくないが、遺言の存在は明確にしておきたい場合に利用される方式です。
秘密証書遺言の作成手順は、まず、遺言者が自分で遺言書を作成し署名捺印の上、遺言書を封筒に入れて遺言書に捺印した印
“秘密証書遺言という遺言方式をご存じですか”の詳細は »

数あるのが相続の遺言の種類だ

相続の正証書遺言以外の封印してある遺言書は、家庭裁判所で開封しなければいけません。

遺言には、三種類があります。
●自筆証書遺言
●公正証書遺言
●秘密証書遺言です。
自筆証書遺言とは 全文を自筆します。パソコンはダメです。日付、遺言者の住所、氏名、押印

が必要です。
“数あるのが相続の遺言の種類だ”の詳細は »

口頭による遺言をしても相続で役に立たんのが原則だ

相続の遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成することが大前提!

遺言が有効になるためには民法上の方式に基づいて作成
することが大前提です。

口頭で述べた遺言は無効ですが口頭で述べて成立する
場合の遺言も存在しています。

次のような場合です。
“口頭による遺言をしても相続で役に立たんのが原則だ”の詳細は »

この様式では被相続人の意思が実現されない遺言もある

相続の民法975条では2名以上で作成する共同遺言を禁止していますよ。

民法975条では2名以上で作成する共同遺言を禁止しています。
たとえば夫婦が二人で一つの遺言を作成することはできません。

財産のことについて夫婦で話し合うのは可能ですが
遺言は別々に行う必要があります。

(共同遺言の禁止)第975条 遺言は、2人以上の者が
同一の証書ですることができない。
“この様式では被相続人の意思が実現されない遺言もある”の詳細は »

相続の認められない遺言の形式がある

相続で使える遺言の作成の要件はなんだろうと調べると、いろんな事実を知ることができた。

遺言作成の要件の一つには

■本人の署名押印
“相続の認められない遺言の形式がある”の詳細は »