数あるのが相続の遺言の種類だ

遺言には、三種類があります。
●自筆証書遺言
●公正証書遺言
●秘密証書遺言です。
自筆証書遺言とは 全文を自筆します。パソコンはダメです。日付、遺言者の住所、氏名、押印

が必要です。

不動産は、登記簿謄本の記載のとおり書きましょう。
日付は、キチンと日を書きます。
印鑑は認めでもOKです。
秘密を保ちたいなら、封印をしましょう。

(自筆証書遺言)
自筆証書遺言は、なんといっても、秘密をたもてるのが、メリットです。
ただ、方式に違反して遺言が無効になる可能性がありますので、
注意してください。
書き間違えた場合、訂正できますが、書き直すほうがいいでしょう。
(後々条件の見間違えなどがおこることも予想されます。)

公正証書遺言とは 証人二人以上の立会いのもとで、遺言者が遺言を口述し、公証人がこれを書きとって公正証書遺言をさくせいするもの。遺言者本人は実印
印鑑証明が必要ですが、証人は認印でもかまいません。

(公正証書遺言)
メリットは、遺言したことと、遺言の内容が明確であることです。また、
公証人役場で保管してくれ、家庭裁判所の検認の必要ありません。財産に応じて公証人の手数料が発生することもあります。

裁判所の検認
公正証書遺言以外の遺言は、家庭裁判所で検認をしなければなりません。
遺言の内容は秘密にできるが、遺言したことが公証人、証人に知られてしまいます。
また、公正証書遺言以外の封印してある遺言書は、家庭裁判所で
開封しなければいけません。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む