秘密証書遺言という遺言方式をご存じですか

秘密証書遺言は、遺言の内容は他人に知られたくないが、遺言の存在は明確にしておきたい場合に利用される方式です。
秘密証書遺言の作成手順は、まず、遺言者が自分で遺言書を作成し署名捺印の上、遺言書を封筒に入れて遺言書に捺印した印

と同じ印で封印します。自筆証書遺言と違い、遺言の全文を自書する必要はなく、署名捺印以外はワープロやパソコンで記してもよく、また、代書によって作成してもよいこととされています。

次に、2名以上の証人と一緒に公証役場に出向き、公証人にこの遺言書は自分のものである旨、および遺言書を筆記した者の住所氏名を申述して遺言書を提出します。

最後に、公証人が遺言者の申述した内容と提出日付を封筒に記入して、遺言者、証人、公証人が署名押印します(遺言書は遺言者自身が保管することになります)。

秘密証書遺言は、遺言書自体を公証人や証人が確認することはありませんので、遺言の内容を秘密にしておくことができます。また、公証役場には遺言書を入れた封筒の控えが保管されますので、遺言書の存在を明確にしておけるという利点があります。

しかし、遺言書は遺言者が保管するため、自筆証書遺言の場合と同様に保管面での不安があります。また、公証人が遺言書を作成するわけではありませんので、遺言の要式の不備により遺言が無効となる恐れがあります。

さらに、2名以上の証人の立会と公証役場へ支払う手数料も必要となり、さらに、遺言者の死後には家庭裁判所の検認を受けなければなりません。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む