遺産相続の基本ルールを理解しておきましょう

指定相続分とは、被相続人が、相続人ごとに相続分を自由に決めて、遺言書で指定した相続の割合のことです。
具合的な割合を示さずに、特定の人を指名して、その人に相続分の決定を一任することもできます。

ただし、遺言書による指定であっても、相続人の遺留分を侵害することはできません。

法定相続分とは、民法に定められている相続人の取り分の割合のことです。実際に誰が相続人になるかに
よって法定相続分が変化します。組合せにより、法定相続分もいろいろと定められているのです。

配偶者と子が相続人の場合は、配偶者の分は相続財産の2分の1、子の分は相続財産の2分の1です。
子が2人以上いる場合は、2分の1を子の人数で割って分けます。

配偶者と直系尊属が相続人の場合、配偶者が相続財産の3分の2、残りの3分の1を直系尊属が受け、
直系尊属が2人以上いる場合は、3分の1を人数分で分割します。
直系尊属の相続順位は、第1位が親です。親が1人でもいれば直系尊属の分を独占することになります。
親が1人もいない場合には、祖父母が相続人となり、人数分で分割します。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合、配偶者は相続財産の4分の3、残りの4分の1を兄弟姉妹で平等に
わけますが、父母の一方だけが共通の兄弟姉妹の相続分は、父母の双方が共通の兄弟姉妹の半分となります。
兄弟姉妹が支部していてその子(被相続人のおい、めい)がいるときは、そのおい、めいが代襲相続します。
つまり、法律はおい、めいまでを血族相続人として認めているのです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む